エフエフ三昧
by hanaco_ff
モロモロ。
当方は完全リンクフリーでございます。
リンクしてみたり、切ってみたり、トラバしてみたり、コッソリ布教してみたり。イロイロお試し下さい。

※注※SS含む画像名称等の権利はSQUARE ENIX COにあります。
=================

書いてるヒト:ハナコ。
所属鯖:19鯖Ragnarok。

Hanako(エル♀)
大体ノウキン。
貧乏暇無し。

Gye(エル♂)
だいたいストーカー

=================
日常ブログ:モモ缶。
サイト::華蝶風月。



※罠ぽいコメント(と疑われるモノ)は予告無く削除させていただきます。
カテゴリ

<   2007年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

オンナゴコロ

Because
斉藤和義 / ファンハウス




これに収録されております。
『男と女』

初めて聞いたとき
これは今世紀のベスト10に入る名曲だと思いました。

10年近くたちますが、やっぱり超名曲だと思います。
(1997年のアルバムらしい、でも全然古いと思わないなあ)


まったくしょうがない人ね


から始まる、女性視点の歌なのですが
コレがもうスゴイ!判ってる!
(曲も歌詞にあってる)

ちょっと気の強い彼女をもっているオトコノヒトは絶対聞いてみるべきです。

と、昨日CD引っ張り出して思いました。
イヤ、ホントにマジで。
[PR]
by hanaco_ff | 2007-09-26 21:20 | 日常茶飯事

萌えな日々【読書】

暦の上では秋ですから。
(でもチョー暑いけど)
読書の秋?たまには。

人類は衰退しました
(ガガガ文庫 た 1-1)


田中 ロミオ / / 小学館




わたしたち人類がゆるやかな衰退を迎えて、はや数世紀。すでに地球は”妖精さん”のものだったりします。わたしは、そんな妖精さんと人との間を取り持つ重要な職、国際公務員の”調停官”となり、故郷のクスノキの里に帰ってきました。(内容紹介抜粋)

わたし、と妖精さんたちとのやりとりが、いい具合に抜けていてでも気がきいていて、よんでて気持ちよかったです。ストーリーはなーんにも無いんですけど、実は。あはは。
でもテンポがいいので2回ほど繰り返して読んでしまいました。むふん。
設定も適当具合が斬新な気がします。
作者はゲームのシナリオ書いてる方らしい、と聞いて納得。
キャラクターのちょっとお約束な設定にも納得。


ねこの肉球 完全版
(文春文庫PLUS)


板東 寛司 / / 文藝春秋




まさに猫の肉球。
肉球。肉球。ああああああ。
と、その場で身もだえしそうになったので、慌てて購入。
自宅で思う存分身悶えしました。それはもうたっぷりと。
猫の肉球にはどうしてこんなにスゴイ萌え魔法がかかっているのか…
[PR]
by hanaco_ff | 2007-09-24 11:01 | 日常茶飯事

ぴちぴち。


「ご、ご主人様大変クポー!」
「なによう、夜中に突然…」

「ポストからアヤシイ音がするクポー!」


ポストをあけると真っ青なお魚がぴちぴち。


「を、これってベタじゃん」


ベタ:見た目の美しさと激しい闘争性を併せ持つ。闘魚。
「ランブルフィッシュ」とも呼ばれる(RUMBLEは、スラングで“ケンカ”)

送り主はツンデレエルさん。
「マムークでしか釣れないんだよねぇ、これ」
欲しいなあと呟いてたのを覚えてて
わざわざ釣ってきてくれたのかしらん。
さすが、ツンデレ。

その愛に答えるべく作ってみました。
これ。

a0004604_1181531.jpg

闘魚鉢(木工:20&錬金術&鍛冶)

光のクリスタル
ブロンズインゴット
ラワン材
クロウラーの石
ジーグリンデパテ
ガラス板(可愛い樽ちゃんから譲って貰ったゼ!)
金魚水セット
ランプマリモ
ベタ


ベタの青と、マリモの発光がイイカンジです。
ベッドサイドに飾ってご満悦。

むふん。
[PR]
by hanaco_ff | 2007-09-10 01:18 | FFXI Play

業務連絡:Hな樽ちゃんへ。

麒麟大袖には貴重品入れがついてます。
何かよく見るとちょっとダサイ…

a0004604_1939239.jpg


と言うわけでHな樽っこちゃんへ。

ハナコによる、ハナコのためだけのお空メモサイトはコチラになっております。
(お知らせ遅くなりましたっ)
まあ見てみて下さい。
[PR]
by hanaco_ff | 2007-09-04 19:43 | FFXI Play

はつこいのひとは…ラのつく

北斗の拳ユリア外伝
慈母の星

(ビッグコミックススペシャル)

武論尊; 原哲夫;
笠井晶水/ 小学館



北斗の拳といえば
わたくし、断然ラオウ派です。

というより
ハナコが初めて本気でときめいた男性キャラがラオウだったりします。

理由はときかれると困るくらい、全部が好きなのです。
(ちなみに2番目に好きなのはレイ)
(トキはモテ過ぎです。男にも女にも)
(ケンシロウは気が多すぎます。特に男に惚れすぎ!)
ちなみに、映画は見てません。
声がちょっと弱々しいと聞いたので…憧れのイメージが壊れると悲しいし。

と、まあそれはおいておいて。

北斗の拳は弟が全巻揃えておりましたので、一通り読みました。
(ラオウが死んだ後は流し読みで…)
全編通してのヒロインが、ユリアなわけですが
何故ユリアがこんなに男を虜にするのかがわからないっ!
と常々思っておりました。

ケンシロウはいいんです。彼女だし。

でも、出てくる男全部がよってたかってユリアにメロメロなのはどういう訳か!
絵には描けないフェロモンが出てるというのか!
たまにしか出てこないし、出てきても活躍するわけでもなく、
気が利いた台詞いうでもなく、エピソードもなんかフツーのお嬢さんで
でもこう崇められているという……なーんか納得いかないなあ!

というのを解決してくれそうな気がしたので
手に取ってみたのが上の『慈母の星』なわけです。
(前起きナガー)
(でも本当のヒロインて、マミヤさんだよね実際)


感想。


シンが超美形



以上。
なーんて。

中身は2話です。
1話目はケンシロウとユリアと少女の話。
コチラはちょっと普通の話し過ぎでホントの番外編。
ジャギ様の素顔が拝めるのが特典か?

2話目はシンとジュウザの話。
この絡みは新鮮で楽しかったのですが、オチがちょっと。

で、結局ユリアって狂言回しみたいなものなのかなあと。
何処に魅力が?とか考えないで、ユリアが出てきたらもう、お約束なのねと割り切った方がいいのかなあと、そう言うことになったのでした。

絵はキレイです。
本編と全然違うのがかえってよかった模様。
[PR]
by hanaco_ff | 2007-09-03 21:14 | 日常茶飯事

きっと君とすれちがった場所

a0004604_20331884.jpg
ふと上を向いて初めて気が付いた。
ずっと閉じこめられていると思っていたのに
こんな所に出口があったなんて。

だけどわたしには はねがない。

[PR]
by hanaco_ff | 2007-09-02 20:39 | FFXI Play